お知らせ

北海道に追尾架台システムを設置しました

Clenergy社は2020年3月、北海道に1.4MWの追尾架台システムを納入致しました。弊社の追尾架台システムは太陽光パネルの発電量を最大化するだけでなく、独立駆動方式、協調制御機能などによる運用管理機能の強化により、本プロジェクトの収益最大化に大きく貢献することができました。

 

本発電所は北海道河東郡に位置し、冬季は1mを超える積雪と厳しい寒さに加え、最大25m/Sを超える強風にさらされます。お客様のニーズと設置場所の環境条件を踏まえ、弊社はこのプロジェクトに自社開発の製品「EzTracker D2P 分散型フラット単軸トラッカー」を採用しました。2モーター駆動による高い安定性と、広い動作範囲を実現した追尾機構により様々な地形に適応できるため、10~20%の傾斜地にも設置が可能です。製品の駆動モードには、通常の自動追尾モード、防風モード、大雪や雹からモジュールを守る保護モード、クリーニングモード等があり、設置後の運用管理とメンテナンスが容易に行えます。大雪によりモジュールの脱落や架台の破損が発生し売電が停止するおそれがある状況では、モジュール傾斜角を最大にして積雪を避ける保護モードに移行します。天候が好転すれば通常の自動追尾モードに復帰して発電を再開するため、モジュールの破損を最小限に抑えつつ一般的な野立て架台と比較して20~30%の稼働率アップを実現できます。

 

日本は世界的に重要な太陽光発電市場の一つです。弊社は国際的なマーケティング、研究開発、製造、物流、アフターサービスの一貫体制を整備しており、製品とサービスは日本の多くの先進的なユーザーにひろく支持されています。弊社の汎用架台システムPV-ezRackは高強度で設置方法の柔軟性が高いため、台風や地震、塩害地域や急傾斜地など日本のきびしい環境にも対応可能です。また、高い施工性は工期短縮と工数削減を可能にし、発電所建設のトータルコスト削減に寄与しています。これまで日本国内の約3,000サイトに弊社の架台システムが採用され、その規模は2GWを超えています。

 

本発電所に採用された「EzTracker D2P 分散型フラット単軸トラッカー」は一般的な野立て架台システムでは対応が困難な強風・豪雪の環境下においても長期にわたって高い発電効率を維持することが可能であることから、これまで太陽光発電所の建設が進んでいなかった地域でも高い投資対効果が見込めます。今後も市場の期待に応え続けるため、弊社は「革新、品質、サービス」の理念のもと最高の製品とサービスを提供してまいります。

ご質問、ご相談、お見積り依頼、お気軽にご連絡ください。
045-228-8226
受付時間:月~金9:00~18:00
メールのお問い合わせはこちら
© Clenergy All rights reserved.